どーなつの連続性定理

1つ1つは発散しても最終的に収束したい/フランスのどーなつはふわふわしている

レンジゆで卵に対する考察

殻つき生卵をレンジにかけると爆発する。

アルミホイルをレンジにかけると火花が散る。

だが、殻つき生卵をアルミホイルにつつんで、水の中につけて、

レンジにかけるとゆで卵ができる。

すごく不思議。

 

まずは卵が爆発する理由から。

  1. 電子レンジによる加熱で卵の中心部から均等に加熱されることにより、黄身の部分から分の沸騰が発生する。
  2. 黄身は白身と殻に包まれているために外気よりも高圧となり、沸点が上昇する。
  3. 黄身は熱膨張による体積の増加に伴い、白身と殻を押し破って外気に触れ、この瞬間に急激な減圧が起こる。
  4. 沸点が下がることで黄身に含まれる水分が一気に蒸発気化し、平衡破綻型の水蒸気爆発が発生する。

電子レンジでゆで卵を調理する際、卵を破裂させないためには、卵内部の温度を100℃以内に保てば良い。このため卵をアルミホイルで包んでから水の入ったコップなどに入れてゆで上げる方法も存在する

爆発卵 - Wikipedia

ということらしい。 

 

一方アルミホイルで包む理由。

電子レンジの内部で出ているマイクロ波というものは電磁波の一種で、

電波は金属のなかには侵入できない。

つまり、金属の箱の外側に電磁波があっても、内部には侵入しない。

電子レンジの窓に金属の網がはってあるのはその意味だと思う。

これがなかったら、顔を前に置いておくだけで大変なことに、、

想像したくない。

 なので、アルミホイルでつつまれた卵は直接的にはあたためられないのだ。

 

では、水に浸す理由は?

まぁ、卵があたためられないから、水にいれておかないと、

どうやってゆで卵にするんだって話。

先ほどでてきたマイクロ波は、水をよくあたためる電磁波。

なので、まわりの水があたたまって、それによって卵が間接的にあたたまる、

ふつうのゆで卵つくるのと一緒。

 

あとは、このとき火花が散らない理由。

ざっくり言ってしまえば直接マイクロ波がアルミホイルにあたらないから。

水はマイクロ波を吸収するので、アルミホイルに到達するまでに、

その電磁波の強さが弱まるから。

 

なるほどね。

 

追記: 火山の噴火と一緒…??

電子レンジ卵の爆発実験