読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どーなつの連続性定理

1つ1つは発散しても最終的に収束したい/フランスのどーなつはふわふわしている

パリのプールにいった!

パリには市営プールがいっぱいある!

そして安い。普通の市営プールは1回3ユーロとか。

今日行ってきたのは、大学のいっぱいあつまる区画、

カルチェ・ラタンにあるプール。

 

ここはインターネット情報によると半官半民なので、

綺麗だけどちょい高くて4.8ユーロ。でも安い!

Piscine Pontoise - Paris.fr

 

まず、はいったら受付があるので、チケットをかう。

「ピシン(piscine)」っていうとプールに行くよってことがわかってもらえる。

カードもつかえる。ここでチケットの紙切れをもらう。

プールは1階(フランス式の)にあって、

プールの横から階段をあがって、

上のwebページの写真にあるような、

プールをぐるりと囲む青い扉のとこが更衣室兼ロッカーになってる。

あいてるとこにはいっていいぽい。

足元に赤いライン+靴ダメ!みたいなマークがあるとこからは靴をぬぐ。

おっちゃんがうろうろしてるので、その人に遭遇したらチケットを渡す。

 

更衣室の扉は中からは空くけど、外からは開けられない。

とりあえずはいって、

着替えて荷物もそこにのこして、扉を閉めればOKというわけ。

あけてもらうときはうろうろしてるおっちゃんに開けてもらおう。

 

更衣室から入り口とは反対側の階段をおりていくと、男性(homme)と女性(dame)のシャワー&トイレがあるので、

そこでシャワーをあびて足をあらうとこを通って、

プールサイドへ。

プールサイドには椅子がいくつかあるけどみんな荷物置きにしてる。

たまに座っているひとがいる。

ちなみにシャワーのとこには荷物をかけるフックがあるので、

荷物をビニールバッグとかにいれておくとかけられて便利!

 

肝心のプールは、一番浅いところで1.0 m, 一番深いところで2.6 mある。

レーンがいろいろわかれてるけどなんも書かれてなければ適当に。

まじで深いのでちょっと最初はこわかった。

でももう慣れた!飛び込みもできるようだ。

 

着替える前には、もう一度それぞれの性別のシャワーをあびて。

普通にみんなシャンプーで髪を洗い、ボディソープで体をあらって

再び水着をきて(おばあちゃんはバスタオルまいてるだけだったり)

戻っていく。

2階のプール - 更衣室の階段のところにドライヤーがあった。

使わなかったけど。

 

「パリ 市民プール」とかで検索するといろいろ情報が得られる。

大事なことは帽子が必要なことと、男性はぴっちりした水着じゃないとダメ。

女性はビキニふつうにきてたり。

私もこのあたりのブログを参考にいきました。

魅惑のフランスのプール事情 (1) | とっておきFrance Infos:最新のフランス旅行情報・現地情報

パリの市民プール | パリを暮らす旅 セジュール・ア・パリ

 

他にもパリにはプールがいっぱい。

http://meslieux.paris.fr/piscines

ここで地図がみられるのでお住まい・ホテルに近いところへゴー。