読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どーなつの連続性定理

1つ1つは発散しても最終的に収束したい/フランスのどーなつはふわふわしている

滞在許可証の申請 - その1

フランスでかいた

フランスに行くのにビザを日本でとったら、

biscuitomo.hatenablog.com

 フランスに到着後、滞在許可証の申請が必要だ。

 

普通は、ビザ申請時に上半分を記入して、

手元にもどってきたOFII用の書類、

パスポートのコピー(署名のページ、ビザのページ、入国スタンプのページ)

配達証明でOFIIに送れと書いてある。

しかし、なぜか私の友人が直接OFIIにいってきて面接の予約をとりつけたときいて、

私も直接いってきた。

 

パリ在住の人はここに。

地下鉄1番線のBastille駅からrue de la Roquetteという通り沿いに歩いて5分ほど。

出口は1番が一番近いと思う。

 

そこで、OFIIの看板を発見してたどり着くと、

入り口に人があつまってわやわやしていた。

とりあえず他の人が入ろうとした瞬間に、

「エクスキューゼモア!」と叫んで

ドアの警備の人に書類を見せた。

そしたら入っていいよーっていわれて鞄チェック。

入り口すぐのお姉さんに渡して、

ちょっとまたされる。

まず1枚目の書類。こちらは滞在許可証申請中の証明の紙。

これの、名前と生年月日を確認してねーっていわれて、OK.

そのあとビザナンバーを確認させられて、OK.

またちょっとまってて、って言われて、

椅子に座ってたら名前を呼ばれて、

予約は、n月n日でいいかしら?時間は?朝?とかいわれて日時がきまった。

これがいわゆる呼び出しか。

 

なんかそれが来るまで時間がかかるという話だったが、

行ったら一瞬だった。

このあとの話はその2で。

 

近くのO'Tacosという店でランチして帰宅ー

 

Triple #OtacosXL 🌯😁💪🏼 #UnTacosOuiMaisOtacos 😍

O'TACOS© 🌯🇫🇷さん(@otacos)が投稿した写真 -

おいしかった〜