読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どーなつの連続性定理

1つ1つは発散しても最終的に収束したい/フランスのどーなつはふわふわしている

今日はいろいろ買い物にいった。

目的のものがなかったので、取り寄せになったが、

普通なら3, 4日かかるところが、

年末なのでもっとかかるかも、といわれた。

とりあえず在庫がある店に電話してもらって、

取り寄せできるか頼んでもらった。

電話の相手の店が忙しいらしい、と電話をかけてくれた店員はいった。

「クリスマス前最後の日曜日ですからね」

なるほど。

 

それから今日いろいろ見たり聞いたりしたことの合点がいった。

なんで今日サンタのコスプレした女の子がいっぱい歩いてるの?

まだクリスマスじゃないのに?とか。

 

もっとひどいのは、その前にいたわりと大きな人が多い駅での話。

目的の店まであるいていたら、

なんかしゃべってるひとがいる。

「おしりが光ってるよ?」

わたしの前の人をみても、別に光ってなくて、ん?とおもった。

わたしは喉が渇いていたので、

ペットボトルのお茶をかばんから取り出して飲んだら、

「おっとここで水分補給ですか」

私に話しかけてるんだ、とおもった。

「買い物?僕も買い物してきたんですよ、一緒ですね」

うわーこれめんどくさいやつや、とおもって足を早めて振り切った。

 

おしりが光ってるのくだりは、

今日履いていたジーンズの後ろポケットのところに、

キラキラ光る装飾がしてあったのだ。

クリスマス前の日曜日に、女一人で買い物してたせいか。

だからって彼氏がいないとか、つれるだろうとか、

ちょっと短絡的すぎないか?と思った。

 

暗い夜道は ピカピカの わたしのしりが 役に立つのさ!