どーなつの連続性定理

1つ1つは発散しても最終的に収束したい/フランスのどーなつはふわふわしている

主張すること

最近、自分がやってることに関して、

もっと主張していかなくてはならないと感じる。
「自分なんてまだまだ」というおもいから、
なかなかそういうところを主張できずにいる。
でも主張できないでいることで、
チャンスを逃しているというようにも感じる。
さらに主張するためにはもっと自信つけなければなと思う。
 
LEAN INという本がある。

 

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

 
 
 

 

この本を書いたシェリル・サンドバーグは、
FacebookのCOOとして有名な人だ。
それはともかく、
この本では、女性が手を挙げていくことの大切さを説いていて、
また、女性がそのように手をあげにくい傾向にあることを男性も知るべきだということも述べている。
(この本は著者の主張したいことそれぞれに出典が書いてあって素晴らしい、日本の本にはなかなかないのではないか?
 科学的データに基づいていて、ただの感情論でないところがいい。)
 
わたしの場合は本当にうなづけて、
意識的に手をあげていきたいとおもう。
 
「根拠のない自信をもて、それを裏付ける努力をせよ」
というのは茂木健一郎がいっていて、
彼に関しては賛否あるが、この言葉はいい言葉だと思う。
自信をもって、努力していきたいと思う。